ホンダ、東京モーターショーで新型FCVやシビック タイプRを出展|Honda

ホンダ、東京モーターショーで新型FCVやシビック タイプRを出展|Honda

Honda FCV

CAR NEWS

Honda|ホンダ

東京モーターショーで新型FCVやシビック タイプRを出展

2015年は隔年開催される東京モーターショーの年。プレスデー10月28日(水)、一般公開10月30日(金)の開幕日までいよいよ1ヵ月を切り、各自動車メーカーから出展概要が届きはじめている。まずはホンダをご紹介。

Text by OGAWA Fumio

エコとスポーツ

2015年の第44回東京モーターショーのプレビュー。第1弾は本田技研工業だ。「だれかを喜ばせたり、驚かせたり、ワクワクさせたり、幸せにしたりするのがたまらなく好きだから、Hondaはモビリティを作っています」とする同社の特別出展車は、エコとスポーツの両軸。これがいかにも、最近のホンダブランドらしい。

目玉のひとつは、燃料電池搭載の新型FCV。“FCV”はフューエル セル ビークルの頭文字でそのまんま。正式名称は10月28日に発表すると、本田技研ではしている。

1990年代からFCVに取り組み、2000年代は屋久島での水力発電を使った実証実験を経て、世界初の専用設計セダン「FCXクラリティ」のリースをしていただけに、今回は満を持しての発表、ということになるだろうか。

Honda FCV|ホンダ FCV

Honda FCV

新型FCVの大きな特徴として本田技研が掲げているのは、5人乗りのパッケージだ(トヨタ「MIRAI」は4人乗り)。水素から電気を取り出すいわゆるFCスタックを小型化することで、後席下でなく、フロントボンネット内に搭載することに成功しているのだ。そのためスペース効率にすぐれた内容となっている。「航続距離は700km、水素タンク充填は3分程度」と本田技研では胸を張る。さらにこの11月に米国ロサンジェルスで開催される自動車ショーでは、FCVの発展型が出るとも。東京モーターショーが新時代へと踏み出す同社の第一歩となる。

Honda Civic Type R|ホンダ シビック タイプR

Honda Civic Type R

Honda NSX|ホンダ NSX

Honda NSX

スポーツの面では、2016年春という発売が近づいてきた「NSX」が話題を呼びそうだ。「スポーツハイブリッドSH AWD」と呼ばれる3基のモーターをエンジンと組み合わせたハイブリッドシステムが特徴的。ミドシップのエンジンで後輪を駆動しつつ、前輪左右に1基ずつモーターを配した4輪駆動システムだ。この新世代のトルクベクタリングにより、コーナリング時の駆動力制御にもすぐれることが強調されている。

市販が秒読みに入っているのは、前輪駆動量産車世界最速を本田技研が謳う「シビック タイプR」。310psの最高出力に、410Nmの最大トルクを絞り出す新開発の2リッター4気筒エンジン搭載である。専用開発の19インチ高性能タイヤに、大容量のブレーキシステム、くわえて、変速機は6段マニュアルと“本格的”に走りを志向したモデルだ。欧州では、フロントスポイラーのリップに赤い差し色が入った上級グレードと、ここが黒になる標準グレードの2本立て。日本では黒の後者が販売される模様。