自分らしいスタイルでハイレゾ音源が楽しめる新シリーズ「h.ear」が発売|SONY

SONY|自分らしいスタイルでハイレゾが楽しめる「h.ear」シリーズ

秋のオーディオ特集 2015

SONY|ソニー

高音質な音楽を着こなす、あたらしいスタンダードを創造

ハイレゾ対応ヘッドホンの新シリーズ「h.ear」が発売(1)

ソニーは、ハイレゾ音源の魅力を余すところなく伝えるヘッドホンの新シリーズ「h.ear(ヒア)」を10月10日(土)に発売。世界初というインナーイヤー型のハイレゾ対応モデルなどをラインナップし、ソニー独自の高音質技術が投入されている。いっぽうで、従来製品とは一線を画す、徹底したシンプルデザインを追求。いずれもシングルカラーで、それぞれのカラーにマッチするウォークマン「Aシリーズ」も発売される。

Text by YANAKA Tomomi

多彩なパーツをシングルカラーで仕上げたミニマルデザイン

ハイレゾ音源に対応し、インナーイヤー型、ヘッドバンド型を揃え、それぞれ5色の展開となるヘッドホンの新シリーズ「h.ear(ヒア)」。ハイレゾ対応の音質面の魅力もさることながら、音楽を聴くための本当に必要な要素だけを残したという、ソニーの従来製品とは一線を画す、ミニマルなデザインが目を引く。

自分自身のスタイリングを大切にしたいユーザーに向けてデザインされた「h.ear」は、オーディオ機器としての機能をデザインが語りすぎないことで、オーディオ機器の愛好家だけではなく、音楽ファンにとって魅力的なアイテムに昇華されている。

SONY|ソニー

幅広いユーザーに高音質オーディオの魅力を提供するため、プロダクトの構成要素を圧縮・凝縮。本質的な部分だけを残し、徹底的にシンプルにすることで、さまざまなユーザーのライフスタイルに寄り添う、あたらしい“定番”スタイルを確立した。

カラーリングは、ファッショントレンドを取り入れ、ユーザー自身のスタイルに合わせやすい、「Colors in between(中間的な色相)」が採用されている。

徹底的にシンプルな単色表現を追求し、染色時間や研磨時間を精緻に調整し、パーツごとに異なる素材・仕上げのパーツをすべておなじ色味になるよう追い込んでいる。

世界初のハイレゾ対応インナーイヤーモデルをラインナップ

世界ではじめてデジタルノイズキャンセリング機能を実現した密閉型インナーイヤーレシーバー「h.ear in(ヒアイン)」は、インイヤー型でありながら透明感のある高音質を実現。

新開発された9ミリダイナミックドライバーが、高感度で広帯域40kHzの音楽再生を可能にした。さらにアルミニウムハウジングを採用することで不要な振動を抑え、クリアな音質を生み出すという。

SONY|ソニー
SONY|ソニー

さらに増してクリアな音を奏でるヘッドバンドタイプの「h.ear on(ヒアオン)」は、40ミリのドライバーユニットに高剛性のチタンコーティングをほどこしたドーム部をもつ振動板を採用。60kHzまでの広域再生が可能で、不要な振動を抑えて澄んだサウンドを体感できる。

また、イヤーパッドを立体縫製することで、装着製を向上させるとともに機密性を高め、音漏れを低減。重低音域の迫力がより再現されているとうたう。さらにハウジング部分はコンパクトに折りたためて気軽にもち運ぶことも可能だ。

密閉型インナーイヤーレシーバー
「h.ear in」MDR-EX750AP

※スマートフォン用リモコン付モデル
価格|オープン(実勢価格:1万1000円前後・税抜)
発売日|2015年10月10日(土)
カラー|ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンク
ケーブル長|約1.2m OFC (銀コートOFCリッツ線)
重さ|約5g(ケーブル含まず)
ドライバーユニット|9mm ドーム型(CCAWボイスコイル)
インピーダンス|16Ω
仕様|密閉型、ダイナミック型(インイヤー)、入力プラグ:φ3.5mm 金メッキL型4極ミニプラグ

ステレオヘッドホン
「h.ear on」MDR-100A

価格|オープン(実勢価格:2万2000円前後・税抜)
発売日|2015年10月10日(土)
カラー|ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンク
ケーブル長|約1.2m
重さ|約220g(ケーブル含まず)
ドライバーユニット|40mm ドーム型(CCAWボイスコイル)
インピーダンス|24Ω
仕様|密閉型、ダイナミック型(オンイヤー)、入力プラグ:φ3.5mm 金メッキL型ステレオミニプラグ

Page02. シンクロカラーのハイレゾ対応ウォークマンも発売