フランクフルトショーを飾ったコンセプトカーたち|IAA 2015

フランクフルトショーを飾ったコンセプトカーたち|IAA 2015

CAR FEATURES

66th Frankfurt International Motor Show|第66回 フランクフルトモーターショー(IAA) 2015

フランクフルトショーを飾った注目のコンセプトカー

9月15日からドイツのフランクフルトで開催されている「第66回 フランクフルトモーターショー(IAA) 2015」。いつの時代もモーターショーの華は“コンセプトカー”である。会場で注目のコンセプトカーをピックアップしながら、それらのなかに見える大きな自動車業界のトレンドを、小川フミオ氏が解説する。

Text by OGAWA Fumio

アウディe-tronクワトロ コンセプト

自動車ショーの楽しみはプロトタイプにあるといっても過言ではないだろう。2015年のフランクフルトショーでも、数かずのモデルが、来場者を楽しませてくれた。その内容はメーカーによって違うが、もし中からひとつのトレンドを引っ張り出すなら、目についたのはエコロジーをキーワードにしたモデルだ。

「アウディは電気化で妥協しない」。アウディが発表したプロトタイプ、「e-tronクワトロコンセプト」という電気自動車のスポーツSUVの傍らに立った、同社で技術開発部門を統括するドクター・ウルリッヒ・ハッケンベルグは胸を張った。3つの電気モーターを搭載し、1つが前輪を駆動、残り2つが後輪を駆動する。

Audi e-tron quattro concept|アウディ e-tron クワトロ コンセプト

Audi e-tron quattro concept

Audi e-tron quattro concept|アウディ e-tron クワトロ コンセプト

Audi e-tron quattro concept

「パワーの合計は320kWです。短時間であればパワーブーストにより370kWの出力と800Nmを超えるトルクが提供され、スポーツカーに匹敵する動力性能が発揮されます」。アウディではそう説明する。

小さな電気モーターも多く採用されている。速度が80km/hを超えると、ボンネット、ボディサイド、およびリヤエンドに設置された電動エアロパーツが作動するのだ。加えて。車体側面に格納式カメラがサイドミラーの代わりに設置されていて、必要がない時は車体に格納されることで空力抵抗を低減するのだ。

航続距離は500km以上が謳われ、北米ではけっこう人気が高いテスラなどを視野に入れていることが感じられる。「発売は2017年内に少なくともドイツではと計画しています」と、ドクター・ハッケンベルグ。アウディは電気自動車の可能性を拡張していくことに本気であることを強調した。

空力を追求したプロトタイプにおいて、来場者をあっと言わせたのが、メルセデス・ベンツだった。