アッシュ・ペー・フランスが発信する“日本の感性をつなぐ場所”オープン|rooms

rooms|渋谷ヒカリエ ShinQs 2階に“日本の感性をつなぐ場所”登場

DESIGN NEWS

rooms|ルームス

日本特有の感性や美意識がつまった、進化するジャパンブランドが揃う

東京・渋谷ヒカリエに“日本の感性をつなぐ場所”オープン

アッシュ・ペー・フランスが主催する合同展示会「rooms(ルームス)」が手がける、“日本”にフォーカスした新ショップ「rooms Ji-Ba(ルームス ジーバ)」が、渋谷ヒカリエShinQs 2階にオープン。つくり手やスタッフのおもいに包まれた空間で、ふだん出合えない、すてきでユニークなものと巡り合える。

Text by KAJII Makoto (OPENERS)

取り扱いブランド数は約50ブランド

ルームス ジーバは、rooms地場産のディレクター石塚杏梨さんの目線で、日本中から集めた工芸品や民芸品、クリエイターアイテムなど約50ブランドをラインナップ。

石塚杏梨さんは、「世界がまだ知らないすばらしい技術やうつくしいデザインは、この国がもつこの上ない資源。だからこそ、その可能性を地域のもの、日本のものとしてだけで終わらせてほしくない。いま私たちがやるべきことは、多くのお客さまへ、いまの時代に応じた切り口でそれらの魅力を伝えること。

多様な感性がふれあい、交りあえば、ものもひとも進化していく。そうやって作者とお客さまを一つひとつ結びつけていくことは、地域と都市をつなぐことであり、伝統と未来をつなぐことでもあるのです」と語る。

rooms Ji-Ba|アッシュ・ペー・フランス
rooms Ji-Ba|アッシュ・ペー・フランス

ここでしか手に入らないアイテムも多数

ルームス ジーバは、女性目線での“日本の感性をつなぐ店”として、日常・非日常問わず、生活に糧や彩りをくわえる日本のクリエイションを集積。日本の伝統的な建材のひとつである漆喰(しっくい)をもちいた上質なショップ空間には、岩手で作られる張り子のバッグや、大阪の陶芸作家によるうつくしい花器など、日本各地に存在する伝統技術やうつくしいデザイン、風土と文化が育んだ日本の繊細な感性から生まれた商品を揃える。

ルームス ジーバが産地とともにつくり上げるオリジナルアイテムなど、ここでしか手に入らないアイテムも多数登場。さまざまな分野で注目される“MADE IN JAPAN”のあらたなカタチに注目したい。

rooms Ji-Ba|アッシュ・ペー・フランス
rooms Ji-Ba|アッシュ・ペー・フランス

石塚杏梨|ISHIZUKA Anri
rooms 地場産 ディレクター
アメリカにてファッション・マーチャンダイジングを学び、2003年アッシュ・ペー・フランス株式会社入社。2005年より合同展示会roomsへ参画。2012年よりroomsの派生事業として誕生した「rooms 地場産」のディレクターに就任。女性目線で、日本の技術、ものづくりを見つめなおし、あらたな文化市場・消費市場を切り開くべく尽力。2013年からは台湾でもイベントを実施するなど、活動の幅を広げている。

rooms Ji-Ba(ルームス ジーバ)
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs 2F
Tel. 03-6427-1544
営業時間|10:00~21:00

問い合わせ先

rooms Ji-Ba(ルームス ジーバ)

Tel. 03-6427-1544

http://www.roomsjiba.com/