2020年問題とフランクフルトショー|IAA 2015

2020年問題とフランクフルトショー|IAA 2015

CAR FEATURES

66th Frankfurt International Motor Show|第66回 フランクフルトモーターショー(IAA) 2015

2020年問題とフランクフルトショー

2年に一度、ドイツ・フランクフルトで開催される自動車ショー「第66回 フランクフルトモーターショー(IAA) 2015」が、今月15日から開催された。“環境”をテーマにしたモデルで目白押しの今回のショー会場。自動車メーカーがいま頭を悩ましている「2020年問題」とはなにか。現地から小川フミオ氏がレポートする。

Text by OGAWA Fumio

ドイツ勢のエコカー戦略

2015年9月に、独フランクフルトで開催された自動車ショー、通称フランクフルトショー。特徴をひとことで解説すると、エコカーのオンパレード。ポルシェの電気自動車にはじまり、アウディもフォルクスワーゲンもメルセデスベンツもBMWも、電気自動車やプラグインハイブリッドを数多く出展していた。

なぜかというと、自動車メーカーがいま頭を悩ましている「2020年問題」があるからだ。読者は先刻ご承知かもしれないけれど、欧州委員会が、欧州市場で販売される車両が排出するCO2の量を平均して走行キロあたり95g以下に抑えることを義務づけることになった。実施されるのが2020年である。超えてしまうと多額の制裁金を課金される。

327_27_BMW_X5_xDrive40e

BMW X5 xDrive40e

327_09_Volkswagen_Tiguan_GTE_concept

Volkswagen Tiguan GTE concept

自身の社会的責任に意識的であり、IR的にも環境適合企業であることが“マスト”といえる自動車メーカーにとって、なんとか2020年までにめどをつけなくてはならない。そこで昨今では、充電できて電気モーターの役割分担がエンジンよりも大きいプラグインハイブリッド(PHV)に注目が集まっているのだ。

ほんの少し前までPHVは一種ぜいたくな存在だった。価格も高く、オーナーは、社会的な責任を意識しつつ、社会で特権的な立場にあることを顕示するという、少し変な表裏一体の関係にあった。その流れがたったいま変わった。ドイツではプラグインハイブリッドの価格が(戦略的に)引き下げられ、いまやガソリンエンジン車と同等というモデルが出はじめている。

「プラグインハイブリッドならキロあたり90グラムを切れます。1台でも多く普及させて規制にひっかからないようにしたい」。ミュンヘンに本拠地を置くメーカーの広報担当者は、会場でその事情を解説してくれたのだった。

そこにあって、強力な布陣でPHVをはじめ、エコカー戦略を展開するのが、フォルクスワーゲンでありアウディである。