BMW 最新モデルの価値をさぐる

BMW 最新モデルの価値をさぐる

CAR IMPRESSION

BMW|ビー・エム・ダブリュー

BMW 最新モデルの価値をさぐる

かつてはスポーティなセダンに特化していたBMW。現在は年産150万台の、むしろ“大”をつけてもいいようなメーカーへと成長した。その成長戦略を支えるのが、セダンにくわえ、クーペ、カブリオレ、スポーツカー、SUVと、拡充したラインナップだ。

BMWで興味ぶかいのは、つねに“顔が見える”ところだ。車種が豊富になっても、BMWはつねにBMW。誰が見ても、BMWとわかるアイディンティティは失われていないし、乗れば、スポーティな持ち味はどのモデルからも強く感じることができる。

そこにあって、新型3シリーズがより大きな注目をあびるのは、セダンにこそ、BMWの核があることの証明といえる。コンパティビリティなる言葉があるが、すぐれた乗用車とは、快適性とスポーツ性の併存にあるとBMWが考えているとしたら、セダンこそBMWのコアバリューだ。

そこでOPENERSでは、3シリーズのフルモデルチェンジという重要な出来事を機に、BMWの小特集を組むにあたって、1シリーズ、5シリーズという3シリーズとともに、重要な柱を構成するモデルを取り上げ、その真価を確認した。同時に、さきごろ4ドアバージョンが追加されるなど、BMWが得意とするラグジュリースポーツの看板車種といえる6シリーズも、ここにくわえた。そこから現在のBMWの価値をさぐるのが、この特集の目的である。

Text by OGAWA Fumio
Photo by ARAKAWA Masayuki

car_brand_top

exclusive_auto_collection
openers_car_top