アウディが電気自動車のSUVコンセプトを公開|Audi

アウディが電気自動車のSUVコンセプトを公開|Audi

CAR NEWS

Audi e-tron quattro concept|アウディ e-tron クワトロ コンセプト

アウディが電気自動車のSUVコンセプトを公開

アウディは、開催中のフランクフルトモーターショーにて、「e-tron quattro コンセプト」を公開した。これはSUVタイプの電気自動車のコンセプトモデルであり、2018年の市販化を目指しているという。

Text by OHTO Yasuhiro

370kWの最大出力と800Nmの最大トルク

アウディがフランクフルトショーで初披露した「e-tron quattro コンセプト」は、スポーツSUVタイプの電気自動車。最大370kWを発揮するe-tron quattroドライブシステムと空気抵抗係数(Cd値)0.25を達成した流麗なスタイルが特徴だ。

アウディe-tron quattroコンセプトのハイライトはあたらしいEVパワートレインにある。

3つの電気モーターで構成され、トータルで320kWの出力を発揮。モーターの配置は、ひとつが前輪の駆動に使われ、残りふたつのモーターが後輪を受け持つ。システムには瞬間的にパワーを高めるブースト機能が備わっており、極めて短い時間ではあるが、370kWの最大出力と800Nmの最大トルクが提供される。それにより0-100km/h加速は4.6秒という高い運動性能を発揮する。最高速度は210km/hでリミッターに達するという。

Audi e-tron quattro concept|アウディ e-tron クワトロ コンセプト 008
Audi e-tron quattro concept|アウディ e-tron クワトロ コンセプト 043

この3モーターによるEVパワートレインは、アウディが研究を重ねてきたe-tron quattroのテクノロジーが初めて具現化されたもので、インテリジェントな駆動管理システムにより、走行状況に合わせたモーターの適切な制御が実現されている。ドライバーは、エネルギーの回生のレベル、「D」または「S」の走行プログラム、アウディドライブセレクトのモードを自由に選択でき、状況に合わせて効率を重視することや、パフォーマンスを優先することもできる。

キャビン床下に駆動用の大容量リチウムイオンバッテリーをレイアウトすることで、前後アクスル間の重量バランスが最適化と車両重心の低減を両立。バッテリー容量を95kWhまで高め、500kmを優に超える航続距離が確保されている。

充電は、コンバインドチャージングシステム(CCS)を採用し、直流、交流のどちらにも対応。出力150kWの直流急速充電プラグを利用すれば、約50分でフル充電することができる。また、アウディワイヤレスチャージングテクノロジーにより、非接触充電も利用できるほか、天候に恵まれた日ならば大型ソーラールーフからもバッテリーに電力が供給される。