ベントレー 最新サルーン&クーペにOPENERSブロガー清水久美子が試乗!|BENTLEY

ベントレー 最新サルーン&クーペにOPENERSブロガー清水久美子が試乗!|BENTLEY

CAR

BENTLEY MULSANNE|ベントレー ミュルザンヌ

BENTLEY CONTINENTAL GT|ベントレー コンチネンタル GT

ベントレー 最新サルーン&クーペ

OPENERSブロガー清水久美子が試乗!(2)

闘牛のような圧巻の加速力

──では、実際にミュルザンヌを見た感想はどうですか?

まず、目の前にした瞬間、大きさや存在感、言葉ではいいあらわすことができないような独特なオーラに圧倒されましたね。伝統がひと目見ただけで伝わってくるようなクラシックなフォルムはひと目で気にいりました。

あと、有無をいわさぬ顔つきも大好きですね。色も艶のあるブラックで、威厳があって男らしい。むかしは、赤いコンパクトなクルマも乗っていたんですが、どうも相性があわなかったみたいで……。

──乗ってみた印象はいかがでしたか?

存在感からか、本音を言うと乗る前は少し怖いなと思っていて、そういう不安を抱えながらもいざ乗ってみると、少し大きいかな? と感じただけで、実際は乗りやすかったです。ミュルザンヌのドライバーズシートとステアリングに秘められた魔法にかけられた感じで、我を忘れて天狗になってしまいそうでした。小まわりも意外ときくし、車庫入れも想像していたよりは苦じゃなかったです。

ベントレー 最新サルーン&クーペにOPENERSブロガー清水久美子が試乗!|BENTLEY|04
ベントレー 最新サルーン&クーペにOPENERSブロガー清水久美子が試乗!|BENTLEY|05

──Sクラスと比較した場合はどうでしょう?

よりスポーティな印象でしたね。とくにパワーの出方がおもしろい。コンチネンタル GTとはちがって、アクセルを踏むとすぐにはこたえてくれないんです。少しタメがあって、そのあと圧巻の大パワーが放出される。闘牛が最初にかまえながら、マタドールの赤い布に狙いを定めているような(笑)。あの乗り味は独特でおもしろかったです。

──でも、いっぽうでイギリスの最高級ドライバーズカーブランドとしての、上品さがあると思うんですが?

闘牛とはいってもバタバタと振りまわすような感じではなくて、身のこなしがジェントルですよね。エンジン音も静かで、音色が心地よかったです。これでマフラー音が大きかったら、ちょっとやんちゃになり過ぎちゃうのかな……。

上品さと言えば、インテリアトリムの木目や、シートのレザー、ステッチングも美しいですよね。