あなたのクルマ 見せてください 第12回 イモラ篇

あなたのクルマ 見せてください 第12回 イモラ篇

ひととクルマが紡ぐストーリー

第12回 イモラ篇 ブルーノ・ブルーザ氏×メルセデス・ベンツ190 SL 1959年

サーキットの街に生まれて

各地に“クルマ好き”を訪ね、人びとのクルマにたいする考え方、ライフスタイルを拝見するシリーズ「あなたのクルマ見せてください」。今回はサーキットの街、イタリアはイモラを訪問。彼の地で知らぬ者はいない、古典車エンスージアストのガレージを大矢アキオ氏がたずねた。

Text & Photographs By Akio Lorenzo OYA

エンジンの大地でヒストリックカーと出会う

イタリアで「エンジンの大地(テッラ ディ モトーリ)」と呼ばれる地方がある。北部エミリア-ロマーニャ州だ。フェラーリ、マセラーティ、ランボルギーニ、デ・トマゾ、パガーニそしてドゥカティ――イタリアを代表する名ブランドの多くが、ここから誕生した。

同時に、かつてF1サンマリノ グランプリが開催された名コース、イモラ サーキットもある。

そのイモラで知らぬ者はいない古典車エンスージアスト、ブルーノ・ブルーザ氏(72歳)を訪ね、秘蔵車たちが眠るガレージで、自動車人生を振り返ってもらった。

Mercedes-Benz 190 SL|メルセデス・ベンツ190 SL

メルセデス・ベンツ「190 SL」。今もエンジンが一発でスタートするのは、さすがメルセデス。イモラ旧市街の城塞をバックに。

Mercedes-Benz 190 SL|メルセデス・ベンツ190 SL

ブルーノ氏の190SLは、かつて1960年代にサッカーチーム「FCボローニャ」で活躍したデンマーク人選手H.ニールセンがイタリアで乗っていたクルマだった。

――ブルーノさんは「ロマーニャ古典4輪2輪クラブ」の創立メンバーで、今や会長も務めておられます。背景には、イモラという自動車レースの“聖地”に生まれた幸運があったとおもいますが、とくに古いクルマに興味を抱くようになったきっかけは?

学生だった1960年代初めのある日、大学生の姉にくっついて学園祭を訪ねたときのことです。イタリアの大学ではバンカラ学生たちが廃車寸前のクルマを改造してパレードをするのは、いわば慣わしです。しかし、ギンギラに塗ったくられた第二次大戦前のフィアット「バリッラ」を見た途端、「ああ、なんてことを!」と嘆きました。じつは、それが私の古いクルマに対する慈しみの始まりです。

――免許をとって最初に手に入れたクルマは何だったのですか?

20歳のときです。往年のフィアット製大衆車「トポリーノ」のバルケッタでした。前オーナーがミッレミリアに出場するためボディを改造したものでした。その後しばらくして、1930年代前半ランチアの代表的モデルである「アウグスタ」も入手しました。

――馴れ初めからして、かなりエンスージアスティックですね。ところで、今日お乗りのクルマはメルセデス・ベンツの「190 SL」ですね。

1959年型です。初代オーナーはヘラルド・ニールセンというデンマーク人サッカー選手でした。1960年ローマ五輪に出場後イタリアに残り、エミリア-ロマーニャの「FCボローニャ」で活躍したプレイヤーです。当時は彼の活躍とともに、愛車であるこの190 SLも盛んに新聞紙面を飾ったものです。

Mercedes-Benz 190 SL|メルセデス・ベンツ190 SL

ブルーノ氏は長年勤めた銀行を数年前に定年退職。現在は20代のとき仲間とともに設立した「ロマーニャ古典4輪2輪クラブ」の会長に専念する日々だ。