益戸育江さんと行く、モルディブ「シックスセンシズ・ラーム」への旅

益戸育江さんと行く、モルディブ「シックスセンシズ・ラーム」への旅

LOUNGE TRAVEL

SIX SENSES RESORTS&SPAS|シックスセンシズ リゾーツ&スパ

エコでラグジュアリーなSLOW LIFEを実現する滞在を

女優 益戸育江さんと行く、モルディブ「シックスセンシズ・ラーム」への旅(1)

「SLOW LIFE」を実践するリゾートとは?――自然豊かな場所のなかにある、環境に最大限配慮をしたリゾートを展開する「シックスセンシズリゾート」を、女優 益戸育江(旧芸名|高樹沙耶)さんが体験した。OPENERSでブログももつラグジュアリートラベルのプロ、村井和之氏がリポートする。

text by MURAI Kazuyuki

エコ・ラグジュアリーを実践する「シックスセンシズ・ラーム」

多くのリゾート愛好者を魅了する、インド洋に浮かぶ楽園「モルディブ」。1000以上の島からなるこの国は、観光と漁業を主産業とする海洋国家。ワンアイランド、ワンリゾートが基本のモルディブだが、リゾートホテルの数は、100を超え、近年20近いホテルのニューオープンが控えているという。

以前は、首都マーレから、スピードボートや、水上飛行機でアクセス可能な範囲を中心にリゾートホテルのオープンラッシュであったが、すでにマーレ近郊は過密状態。最近では、国内線でアクセスする遠く離れた環礁に、リゾートホテルがオープンしはじめた。距離は遠くなったものの、日中しか飛べない水上飛行機に比べ、夜でも飛行可能な国内線を利用することで、夜間の到着が多い日本路線では、同日に乗り継ぎ、アクセス可能なリゾートが増えた。羽田空港の夜発便を使えば、モルディブに日中到着することもでき、モルディブへのアクセスは格段に良くなっている。

あらたなリゾートエリアとして注目されている、国内線利用の南部環礁エリアにあるラーム環礁に新リゾート「シックスセンシズ・ラーム」がオープンした。モルディブでもっとも人気が高いと言われるソネバフシやソネバギリなど、高級リゾート運営に実績のある「シックスセンシズ リゾーツ&スパ」の運営するリゾートだ。

シックスセンシズグループは、エコ・ラグジュアリーなホテルとして、世界の富裕層に厚い支持を受けている。いち早くカーボンタックスを取り入れ、宿泊料金の2パーセントを二酸化炭素削減活動に拠出したり、リゾート建築においても、極力、土に返せる素材を利用したり、海や土壌を汚さないよう、無塗装で建物を維持するなど、独自の試行錯誤によって多くのノウハウが蓄積されている。

モルディブにおける高級リゾートの先駆者「シックスセンシズ」が新規オープンした「シックスセンシズ・ラーム」で、9月30日~10月4日までのあいだ、世界の海洋保護団体の代表や、海洋学者、プロサーファーやフリーダイバーなどの世界の海で活躍するアスリートなど、海と密接に関係する人びとが集い、「Water /Wo/Man」というチャリティイベントが開催されるというので、私の友人の、フリーダイビングアスリートでもあり、自然とともに暮らすナチュラリストとしても名高い女優の益戸育江さんとともに、このイベントに参加しつつ、あらたな提案が詰め込まれたという「シックスセンシズ・ラーム」でバカンスを過ごしてみた。

ABOUT
MURAI Kazuyuki

テーラーメイドトラベル専門の旅行会社、株式会社コスモクラーツトラベル代表。細やかな気遣いと豊富な人脈や知識を必要とする、VIPのハンドリングに定評があり、日本・海外のVIPを多く顧客にもつ。みずからの旅の経験や視点、世界 …