燃料電池車トヨタ MIRAI(ミライ)に試乗 |Toyota

燃料電池車トヨタ MIRAI(ミライ)に試乗 |Toyota

CAR IMPRESSION

Toyota Mirai|トヨタ ミライ

新世代パワープラントへの先導車

燃料電池車トヨタ MIRAI(ミライ)に試乗

水素をエネルギー源とする燃料電池車(FCV)の量産型モデルとして市販が開始されたトヨタ MIRAI(ミライ)。まだ先と思われていた次世代自動車を、トヨタが世界に先駆けて送り出し、日常の世界を走り出した。都心で試乗をおこなった大谷達也氏が、MIRAI誕生の背景を探る。

Text by OTANI TatsuyaPhotographs by ARAKAWA Masayuki

好印象のハンドリング

今年4月、私はトヨタMIRAIをはじめて公道で走らせる機会に恵まれた。それ以前にもクローズドコースで短時間試乗し、その快適な乗り心地と正確なハンドリングに好印象を抱いていたが、今回、公道で改めて1時間以上もMIRAIを走らせてみて、そのおもいはさらに強まった。

まず、ボディががっしりとしているおかげで、路面からの衝撃をはねのけるような安心感が味わえる。しかも、サスペンションはしなやかでスムーズにストロークしてくれるので乗り心地は快適。そしてクルマ全体の重心が低いから足回りが比較的軟らかくてもロールが少なく、意外なほど機敏なコーナリングが楽しめるのだ。

Toyota Mirai|トヨタ ミライ
Toyota Mirai|トヨタ ミライ

正直、これまでのトヨタのエコカーは“エコ”であることを重視しすぎるあまり、ボディが頼りなかったり、サスペンションの動きがあまりスムーズでなかったり、ハンドリングもなんだかつかみ所がないようなクルマが少なくなかった。つまり、走りの味という部分では物足りなさがつきまとっていたのだ。

でも、MIRAIはちがう。乗り心地の上質さはよくできたヨーロッパ製小型車並みで、ハンドリングもこだわって作り込まれたことが想像できる仕上がり。だから我慢が要らない。それどころか、MIRAIだったら積極的に乗りたいとさえおもう。私の知る限り、運転していてMIRAIほど深い満足感が得られるトヨタ車はほかにない。

MIRAIの魅力はそれだけではない。