恒例対談! スタイリスト島津由行×ディレクター源馬大輔(前編)

恒例対談! スタイリスト島津由行×ディレクター源馬大輔(前編)

ファッションを楽しむことが未来をつくる!

恒例対談! スタイリスト島津由行×ディレクター源馬大輔

2012年春夏に見るファッションの未来図

かかせないのはハッピーな気分!(前編)(1)

震災は大きな影響をファッション界にも与えた。それは日本だけでなく、たとえばパリコレクションにおいても、ちょっとした変化が起きていた。気分として元気になるポジティブ方向なコレクションが、多く散見されたのだ。そこに通底して漂っていたのは、“ハッピー”な感覚!そこで本来なら秋冬のトレンド解析をするところだが、OPENERSではあえて2012春夏をテーマに捉えることにする。春夏のトレンドを知ることは、秋冬のファッションにとって、なんらネガティブな要素はない。そう、いま、大事なのは、ハッピーな気分でファッションを楽しむことだから……。

前回とおなじく、スタイリストの島津由行さんと、ディレクター源馬大輔さんを迎え、春夏を分析していただいた。

Text by OPENERSPhoto by NAKAMURA Toshikazu

リラックス、開放感、そしてハッピー!

島津 パリコレあたりから全体的な話をしましょうか。正直、ネガティブな面も少なくないですね。ラフ・シモンズなどは、資金難で才能があっても好きな服がつくれないという状況があります。

源馬 そうですね、いまは才能があっても難しいですね。ラフ・シモンズはメンズファッション界の宝ですからね。もったいないです。

島津 そうですよ、彼の功績はすばらしいですからね。いい方向で言えば、ルイ・ヴィトンのキム・ジョーンズですね。ヴィトンの前はダンヒルを手がけていましたが、今季はじつはあまり期待していなかった。ですが、意外といいコレクションだったと思います。

源馬 僕はキムとはロンドンの学生のときから友達です。彼はとてもコミュニケーション能力が高く、モノも好きなタイプでしたね。ダンヒルのときもそうでしたが、ルイ・ヴィトンでもアイコンを使う能力や、時代を捉える能力はさすがだなと思いました。ある種、リラックスしていたり、そういう空気が春夏コレクション全体に通じるテーマの気がしているので、キムがつくったサンダルとかかわいいなと感じています。ブランケットみたいなものも、いいなと思いました。

島津 うん、あれはよかった。全体的にはスポーツカジュアルですよね。プラダもそうですが、トレンドでいえばスポーツとカジュアルを融合させたものがよかったですね。

源馬 プラダよかったですね。僕大好きなんです、プラダ。

島津 ええ、プラダはおもしろいですよね。ゴルフがモチーフでしたが、ゴルフをするしないにかかわらず、ファッション性としてレイヤードが秀逸でしたね。

スタイリスト島津由行×ディレクター源馬大輔(前編)01

キム・ジョーンズのルイ・ヴィトンに注目

源馬 テーマ的にハッピーな感じだとか、リラックスしたシルエットなどは春夏の特徴として大きい気がしますね。

島津 ハッピーね。

源馬 ハッピーな感じしませんでしたか?

島津 ハッピーな時代だよね。ハッピーになってほしいという願望も込められているのでしょう。

スタイリスト島津由行×ディレクター源馬大輔(前編)02

源馬 シルエットは腰ではいたり、少し大きくなっていますね。

島津 (事前に用意したご自分のメモを見ながら)パッピーがキーワードって、書いてある(笑)。で、基本はクラシックですね。

源馬 そうですね。あとサイズ感とかもある。また今回、プリントが多かったですね。リラックスしていて、スポーティな感じですかね。

島津 そう、スポーティフォーマル。

源馬 キム・ジョーンズのルイ・ヴィトンは、バッチリそれを捉えています。

島津 スポーティからフォーマルまで、流れをくんでいてすばらしい。そういうトレンドを取り入れるのは、キム・ジョーンズは上手ですね。

源馬 僕がかかわっているサカイも、バルセロナのピカソが履いていたエスパドリュを使ったりしています。素材とかにスポーティな要素を入れています。

島津 サカイのお店が青山にオープンしたんだよね?

源馬 ええ、オープンしました。

島津 あのあたりはコスチューム・ナショナルのショップもできたけど、バーがいいですね。ビンテージのシャンパンがうまいらしい(笑)。

源馬 お店とバーとギャラリーの複合施設ですよね。

島津 サカイもあの通りですよね。いずれせよ、ハッピーな話題でいいですね。骨董通りに元気がなくなっているので、いいことです。あと原宿もダメなんで、みんなちょっとずつ渋谷のほうへ動いています。ラッドミュージシャンとかダブルタップスとかね。なんかちょっとこう、動きがありますよ。

源馬 日本にかんしていうと、パーソナルなお店が増えたと思います。たとえばソロイストの宮下くんのお店とか。サカイもそうですが、パーソナルなテイストをガッツリ出しています。

島津 なんか個人商店のお店の感じですよね。あえて個人商店にしようみたいな。

源馬 お客さんがデザイナーと向き合って買い物する感じがいいような気がしています。

島津 伊勢丹は前はしきいがあったのを、全部とり払ってドルチェ&ガッパーナに行こうが、ランバンに行こうが、ミックスチャーしながら買い物ができる仕方になっていますね。それはすごくいいかなぁと思います。国内、海外問わずフロアごとのセレクトショップ的な発想ですね。

ABOUT
SHIMAZU Yoshiyuki

1959年熊本生まれ。マガジンハウス『POPEYE』のスタイリストとして活躍後、現在は『SENSE』や『POPEYE』、『CUT』などの男性・女性ファッション誌でのスタイリングやファッションディレクションを手がけるほか、『PS』(小学館)のファッションアドバイザーを務めている。 また、映画『キューティーハニー』をはじめとしたスタイリングも担当。ファッションショーの演出・選曲も手がけている。 OTA OFFICE公式サイト│http://otaoffice.jp