「紫」でつながる創作への想い|Toyota Harrier

Toyota Harrier|「紫」でつながる創作への想い

Extra OPENERS

Toyota Harrier|トヨタ ハリアー

「紫」でつながる創作への想い

6月24日~28日の期間限定にて、六本木ヒルズのオープンスペースに出現した「TOYOTA HARRIER CAFE」。会場内には話題のハリアー特別仕様車PREMIUM“Style MAUVE(モーヴ)”が展示され、さらにインテリアブランドの「arflex」や、スペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲」とのコラボレーション企画も登場。そんなスペシャルな空間のオープンにあたり、同イベントのキーパーソンたちによるスペシャルトークショーが開催された。

写真家佐藤新也とデザイナー角田陽太がハリアーについて語る

Photographs by KOMIYA KokiText by TOMIYAMA Eizaburo

ハリアー特別仕様車PREMIUM“Style MAUVE”スペシャルトークショーが開催

六本木ヒルズに突如出現した、紫色のカーペットが敷き詰められたエレガントな空間。透明なガラス屋根からは柔らかな太陽が降り注ぎ、2台のハリアー特別仕様車PREMIUM“Style MAUVE”と、1台のミラーハリアーを照らしている。ここは、「TOYOTA HARRIER CAFE(トヨタ ハリアー カフェ)」と名付けられたハリアーの車内空間を再現したカフェだ。会場に置かれた座り心地の良さそうなソファは、<arflex(アルフレックス)>の名品「MARENCO(マレンコ)」に特別仕様車の内装材を用いた特製ソファ「HARRIER MARENCO(ハリアー マレンコ)」。さらに、ドリンクバーに足を運べば、「猿田彦珈琲」が開発した紫色のオリジナルシグネチャーコーヒーが楽しめる。

「紫」でつながるコラボレーションへの想い|Toyota Harrier

豊田自動織機 小西勲氏

「紫」でつながるコラボレーションへの想い|Toyota Harrier

アルフレックス ジャパン柏木章氏

この期間限定カフェのオープンを記念しておこなわれたトークショーには、昨年「マレンコ」とのコラボレーションが話題になった、日本を代表するファッションブランド「N.HOOLYWOOD(N.ハリウッド)」のデザイナー尾花大輔氏、特別仕様車の専用内装色スティールモーヴの“紫”をイメージしたオリジナルシグネチャーコーヒーを開発した「猿田彦珈琲」代表の大塚朝之氏、さらに、特別仕様車の内装材を使った特製ソファ「ハリアー マレンコ」を製作したアルフレックスジャパンの執行役員でありリテール統括部長の柏木章氏、そして特別仕様車の内装デザインを担当した豊田自動織機技術部 デザイン室 ワーキングリーダーの小西勲氏が登場した。

トークでは、専用内装色スティールモーヴの“紫”についての話題で盛り上がった。内装デザインを担当した小西氏によると「“鉄”を意味する『STEEL』、“紫”を意味する『MAUVE』。この2つから着想して、ハリアーのSUVとしての『強さ(=STEEL)』と『エレガント(=MAUVE)』という相反する要素を『スティールモーヴ』として、1つの色に表現した」と語った。

「紫」でつながるコラボレーションへの想い|Toyota Harrier

猿田彦珈琲 大塚朝之氏

「紫」でつながるコラボレーションへの想い|Toyota Harrier

「N.HOOLYWOOD」デザイナー 尾花大輔氏

それを受けて、ファッションデザイナーの尾花氏は、「メンズファッションにおいて、紫は高貴な色目だが、とても難しい色。でも、チーフやスニーカーなど洋服以外の小物として取り入れれば、スタイルを際立たせることができる。今回ハリアーで使用している紫は、私のコレクションでも使いたいくらい品があって、仕立て映えすると思うくらい、すてきだと思う」と紫に対する自身の考えを語った。

アルフレックスジャパン柏木氏も、「紫は意味のある色だからとても難しい。最初聞いたときはすごいことに挑戦されたなと思ったが、実物を見てあまりにもうまく取り入れているので驚いた」と感嘆した。

また、内装のパネルについても「通常は艶を出すと下品になりやすいのに、特別仕様車のパネルの光沢感は、内装としっかり溶け合っていて上品にまとまっている」と尾花氏が絶賛。

後半は、今回のコラボレーションについての話になり、猿田彦珈琲の大塚氏は「自分たちは、繊細かつ大胆不適という二律背反したものをポリシーにしている。ハリアーもまた、ワイルドと洗練・都会的という二面性を持ったクルマであり、そういう部分で共通する点がある」と語った。

「紫」でつながるコラボレーションへの想い|Toyota Harrier

期間中は、特別仕様車の車内に360°撮影できるカメラを設置。専用内装色スティールモーヴに彩られた車内空間を360°さまざまな角度から楽しめる「HARRIER Interior 360°」、イベントの写真をSNSで投稿すると珈琲1杯無料券がもらえる特典なども実施。多くのお客さんが、エレガントでラグジュアリーな空間を味わった。

トヨタ自動車株式会社 お客様相談センター
0800‐700‐7700 (9時~18時/年中無休)
http://toyota.jp/harrier/
http://toyota.jp