あなたのクルマ 見せてください 第11回 パリ篇

あなたのクルマ 見せてください 第11回 パリ篇

ひととクルマが紡ぐストーリー

第11回 パリ篇 ディディエ・ジュオン氏×プジョー504カブリオレ 1973年

プジョーとシトロエン、対極的なフランス車との生活

各地に“普通のクルマ好き”を訪ね、人びとのクルマにたいする考え方、ライフスタイルを拝見するシリーズ「あなたのクルマ見せてください」。今回は花の都パリで暮らすヒストリックカー コレクターを大矢アキオ氏が取材し、プジョーとシトロエンというカラーのことなるフレンチ ブランドの旧車生活を語っていただいた。

Text & Photographs By Akio Lorenzo OYA

週末は自動車趣味人に変身

パリ在住のディディエ・ジュオン氏は、1959年生まれの今年56歳。夫人そして子供3人とともにブーローニュの森に近い16区の瀟洒なアパルタマンに暮らす。

ウィークデイはメトロに揺られて通勤する銀行員のディディエ氏だが、毎週末には“変身”する。もうひとつの顔は、「古いフランス車の愛好家」。彼の自動車趣味を覗かせてもらった。

――今日は「プジョー504カブリオレ」ですね。

数年前、雑誌のアノンス(告知欄)で南仏トゥールーズにあるのを見つけました。初期型の最終モデルである1973年型です。2リッターの105馬力仕様。プジョーでありながら、コーチワークはイタリアのピニンファリーナ製という、特色ある組み合わせにひかれました。私にとっては初のカブリオレです。フランスでは、価格がけっして法外でないのも購入を決めた理由です。

Peugeot 504 Cabriolet|プジョー 504 カブリオレ

Peugeot 504 Cabriolet

Peugeot 504 Cabriolet|プジョー 504 カブリオレ

Peugeot 504 Cabriolet

引き取りは、友達のクルマで行きました。前オーナーは、トゥールーズに本社を構えるエアバス インダストリーズで働くドイツ人で、18年間大切に乗っていたそうです。

――パリからトゥールーズまでは約680km、最低6時間はかかりますね。

でも、引き取ったその足で、同じ日にパリまで走って帰ってきましたよ! 今日の日常使用にもじゅうぶん耐え得ることを、さっそく証明してくれました。たとえ変速機が4段でもね。

――ディテールでお気に入りの点は?

まず、ベースとなった504ベルリーヌ(セダン)にはない三角窓。これは当時イタリア車のほうが数々のモデルに残っていました。
 
そして、なによりも3連のテールランプです。今日プジョー デザインを率いるダイレクターのジル・ヴィダル氏によれば、「308」をはじめとする昨今のプジョーのテールランプは、この504クーペ/カブリオレのものにインスピレーションを得たといいます。

Peugeot 404|プジョー 404

Peugeot 404

Peugeot 404|プジョー 404

Peugeot 404

――初のカブリオレということですが、他にお持ちのクルマは?

プジョーは往年の定番ベルリーヌである「404」を以前から持っています。2009年のフランス映画『プチ・ニコラ』では、主人公の家族が乗る劇中車として、私のクルマにお呼びがかかり撮影に使われました。

シトロエンは1968年「DS21」、1939年「トラクシォン アヴァン」、故郷のガレージには「2CV」があります。「アザム」という当時のデラックス仕様です。