THE Ô DOR|スタイリッシュに生まれ変わった、新生「テオドー」の魅力

THE Ô DOR|スタイリッシュに生まれ変わった、新生「テオドー」の魅力

FASHION

THE Ô DOR|テオドー

トラディショナルな紅茶の世界に変革を!

スタイリッシュに生まれ変わった、新生「テオドー」の魅力(1)

ティーブレンダー ギョーム・ルール氏によって創業された、フランス発のティーメゾン「THE Ô DOR(テオドー)」。来年、創設10周年を迎える若いメゾンでありながら、こだわりぬかれた上質な茶葉の味わいや、香り高い個性的なブレンドは、世界中の紅茶ファンから注目を集めている。そんなテオドーはいま、進化を遂げつつある。ロゴや缶などのイメージから、ブランドコンセプトまで、10周年を迎えるにあたり一新。新生テオドーでは、“L`INSOLENT PARISIEN(生意気なパリジャン)”とのコンセプトのもと、トラディショナルな紅茶の世界を変える、斬新なアプローチを展開する。9月中旬、この注目のティーメゾンがECサイト「rumors」にオープンする。年4回、季節ごとにお薦めアイテムをセレクトし、紹介していく。スタートをまえに、ここではまず、メゾンの歴史や魅力について、テオドー ジャパン代表である加藤 裕氏に聞いた。

Text by OPENERSPhoto by TAKADA Midzuho

cart_120704rumors_banner

より上質な茶葉を求め、世界中を飛びまわる“旅するティーブレンダー”

──今回rumorsのために選んだ16種類のテーマは?

9月スタートということなので、一部定番品を置きながら、秋から冬、そして春先ごろまで愉しんでいただけるものを選びました。一部の種類、とくに緑茶ベースのものにかんしては水出しももちろんお薦めですが、ホットで愉しんでほしい種類をメインにセレクトしています。

──茶葉には非常にこだわられているとか。

茶葉はもちろん、フルーツや花々にかんしても、すべてオーガニックを認定されている茶園、もしくはオーガニックで作っている茶園のなかから選び抜くというのが絶対のルールです。彼はフランスの雑誌などでは、“旅するティーブレンダー”と言われているくらい、より上質な茶葉を求め、つねに世界中を飛びまわっています。紅茶の仲介業者みたいなものもあるのですが、紅茶の仲買業者は使わずに、彼は実際に茶園や工場に足を運び、庭や生産工程を見ることで、葉のつきや厚みはもちろん、どういうふうに収穫し、どれくらい愛情を込めて作っているのかをチェックしているのです。

テオドー ジャパン代表 加藤 裕氏

テオドー ジャパン代表 加藤 裕氏

フレーバードティーは香りをつけるものなので、茶葉としてクオリティの低いものを使う場合も珍しくはありません。香りでごまかすことができますからね。しかしテオドーではリーフカットの大きい、上質な茶葉を使用しています。天然の香料を使う理由も、せっかくのいいお茶の味わいを、ちゃんとわかってもらいたいからなんです。

ティーブレンドの時間とお茶を愉しむ時間は、自分だけのエゴの時間

天然香料はお湯の中に入っていくとふわっと表情が変わって優しくなってゆきます。しかし人工香料や合成香料は、お湯に混ざりきらず、表面に浮くようなイメージで、口のなかに残るんです。

エッセンシャルオイルを使っても、お湯の表面に脂分が浮いてくるのはおなじですが、それが天然かそうでないかによって飲んでいただいたとき、お湯と一緒に喉の奥に落ちていくのか、香りだけが口のまわりに残るのか、そこにちがいが生じてきます。

──ブレンドは全部で何種類あるのですか?

日本では現在60種類を展開していますが、パリではたしか300種類を超えています。ブレンドはすべてギョームがひとりでおこなっており、私たちにもブレンドをしているようすは見せません。ティーブレンドの時間とお茶を愉しむ時間は、自分だけのエゴな時間なんだとか。彼が言うには雨が降って、上がった日の朝にブレンドをはじめるそうです。しかしブレンドの作業よりもまえに、まず彼が考えるのが名前です。まぁ、名前を決める時点で頭のなかにイメージがあるのかもしれませんが、名前を決めてからお茶のブレンドをおこなうそうです。

ただ、たとえイメージがあったとしても、スムーズに理想のブレンドに辿りつける場合と、全然辿りつけない場合があります。スムーズだと4ヵ月くらい。できないものだと2年以上かかることもあります。名前もイメージもあるのに辿り着かない。まだまだ作りたいものはあるようですが、そういった事情で未完成のブレンドは多いみたいです。