エフォートレスな時代の空気感を纏う2015-16秋冬の新作|RIVORA

RIVORA|エフォートレスな時代の空気感を纏う2015-16秋冬の新作

2015-16秋冬 メンズコレクション

RIVORA|リヴォラ

豊かな表情を醸し出す素材遣いと品のあるデザイン

リラックス感のある着心地を追求した、リアリティのある服

デザイナー、鈴木泰宏が手がけるブランド「RIVORA(リヴォラ)」。2015-16年の秋冬コレクションは、リラックスした着心地を追求したアイテムが揃う。ルーズとは一線を画した、上品かつ端正、そしてエフォートレスな服づくりから生まれる、いまという時代の空気感を表現した新作をご紹介する。

Text by OPENERS

一枚のコートに秘められた、素材とデザインへのこだわり

2015-16年の秋冬のキーアイテムとなるのは、細かなギンガムチェック柄のロングコート。柄を織った後に表面だけを起毛させることで、上品な表情に仕上げているという。衿からラペルにかけてはAMF(ハンド風ステッチ)を配色で施すなど、テーラリングの技法がさりげなくあしらわれているのも特徴だ。また中綿はシンサレートとなっており、ハンドワークで一着ずつ丁寧にキルティングされる。同じ素材を使ったクリースレスのパンツも、リラックス感の漂うデザインで、洒脱な装いながらも日常的な視点で服づくりがおこなわれていることがうかがえる。

327_06-2

素材を知り尽くすことであたらしい表現が生まれる

こうしたリアリティのあるデザインを上質な服づくりへと導くのは、素材の特性を知り、そのうえでアレンジする遊び心。なかでも、アルパカ・ウールで作ったループ・ツイードは、緯糸で色を挿し、チェック柄を表現。仕上げにプレスしてループをつぶすことで、柄が抽象的になって奥行きのあるニュアンスが醸し出されている。この技法によって、見た目のおもしろさだけではなく、単調では出せない深い色味と、なめらかなタッチも実現。同素材で仕立てたジャケットは胸ポケットを両玉縁で仕上げ、フラワーホールもネイビーの色糸を使うなどディテールへの深いこだわりが感じられる一着だ。セットアップになるパンツも用意されており、力の抜けたあたらしいセットアップスタイルを提案する。

またシルクにアンゴラをミックスさせた糸に、強撚糸の綿を混ぜ、あえて表面にピリングのようなネップが入った生地でつくられる、ステンカラー・コートと新型のパンツにも注目したい。

RIVORA|リヴォラ

取扱店舗
baudelair(神戸)、fine1985(広島)、MINDTRIVE(京都)、
SEIBU SHIBUYA(渋谷)、TAKASHIMAYA CS case study(各店)、Toron(名古屋)他

STUDIO FABWORK
http://www.studiofabwork.com