戸田恵子|「B・G ブランド」からニューアイテム! 戸田恵子×植木 豪 対談

戸田恵子|「B・G ブランド」からニューアイテム! 戸田恵子×植木 豪 対談

Happy? Half Century

戸田恵子|K-CO×GOコンビが語る新作の魅力!

「B・G ブランド」からニューアイテム

戸田恵子×植木 豪 対談(1)

K-CO×GOコンビ、あらため、女優 戸田恵子さんとダンサー 植木 豪さんによる「B・G ブランド」から、先日おこなわれた戸田さんのライブに合わせ、春夏アイテムが登場した。東日本大震災後よりスタートした新作アイテム制作、そしてライブの準備。実際に被災地に足を運び、活動をおこなう戸田さんは、どんな想いで挑んだのだろう。植木さんとともに作り上げたふたつのプロジェクトについて聞いた。

Text by OPENERSPhoto by TABLE ROCK

rumors|通販サイトへ

1日も早い復興、平和への祈りを表現

──新作Tシャツはこれまでと雰囲気が異なりますね。

戸田 ライブが6月にあり、それに向けてTシャツのデザインを考え出したのが震災後だったため、プランナーとして私からは当初より“ピースなイメージで”と伝えていました。なおかつ「B・G ブランド」のテイストもプラスして、ハートウォーミングな印象に仕上がるようお願いしました。こんな漠然としたイメージだけ伝えて、デザインは豪にまる投げだったんですけど(笑)、できあがってきたTシャツを見て、ワンチェックで即OK。いつもは多少手なおしをするんですけど、今回は文句なし!

植木 最近はスムーズに(笑)。姉さんのイメージがすんなり伝わるようになってきたんだと思います。姉さんの話を聞いて、まず浮かんだのがピースマークでした。たとえば首もとにネックレスのモチーフをプリントして、ネックレスをつけているように見せるような“だまし絵”的なアレンジはこれまでもしてきたのですが、ピースマークもただのピースマークではおもしろみがないので、なにかひと工夫できないかと考えました。東日本大震災では、多くの方々が被害に遭われたのはもちろんですが、自然にも大きな被害が見られました。

しっかりとした作りは「B・G ブランド」のこだわり

そこで人間だけでなく、自然にもはやく復活してほしい、という意味を込め、フラワーモチーフでピースマークを作ることに。そこにさりげなく「B・G ブランド」のアイコンを盛り込み、ロックなニュアンスをプラスしました。そして“PRAY FOR”の言葉をレイアウトし、1日も早い復興、平和への祈りを表現しました。

戸田 震災直後でなくてもいつでも着られるものを、とは思っていたものの、意識をそういったことに向けたものを作りたいとリクエストしていたので、今作の仕上がりについては優しい感じであり、また「B・G ブランド」のテイストも盛り込まれていて、すごく気に入っています。シャツをボディから作る、というのは最初から変わらずつづけていて、出来合いのもので作るのとはちがう、このしっかりとした作りは私たちのこだわりです。

ABOUT
TODA Keiko

愛知県出身、9月12日生まれ。NHK名古屋放送児童劇団に小学5年生から在籍し、『中学生群像』(『中学生日記』の前身) で女優デビュー。1973年に上京し、翌74年「あゆ朱美」の芸名でアイドル演歌歌手としてもデビューする。 その後、タレント活動中に声優・演出家の野沢那智より声をかけられ、77年に野沢主宰の劇団・薔薇座へ入団。本格的な演技を学び 始め、『スイート・チャリティ』『踊れ艦隊のレディたち』など数多くのミュージカルに出演、看板女優として活動する。 主演した『スイート・チャリティ』で芸術祭賞演劇部門賞を、また外部出演したミュージカル『ミュージックマン』で葦原英了賞を受賞。 薔薇座には89年まで在籍し、同年には舞台『渾・身・愛』で第24回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。 79年に『機動戦士ガンダム』のマチルダ・アジャン役で本格的に声優としての活動をスタート。その後、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 (三作目)の鬼太郎、『キャッツ・アイ』の瞳、『きかんしゃトーマス』のトーマス、『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン などの声で人気を集める。洋画の吹き替えも数多く手掛けジュリア・ロバーツ、ジョディ・フォスター、ビビアン・リーなどでよく知られている。 声優としての活躍が続いた後、97年には三谷幸喜脚本によるテレビドラマ『総理と呼ばないで』、同じく三谷幸喜脚本・監督の 映画『ラヂオの時間』に出演するなど、女優業を意欲的に展開。その他『クイール』『NINXNIN忍者ハットリくんTHE MOVIE』 『THE 有頂天ホテル』。『ラヂオの時間』では、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞した。 以降も女優として、NHK朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』『純情きらり』、NHK大河ドラマ『新撰組!』、 CX『ショムニ』『お水の花道』『天才柳沢教授の生活』『HR』などに出演。また舞台でも『温水夫妻』『You Are The Top』 『オケピ!』『なにわバタフライ』(共に三谷幸喜作・演出)、『歌わせたい男たち』(永井 愛作・演出)、 『星屑の町・東京砂漠編』(水谷龍二作・演出)、地球ゴージャス『HUMANITY』、『ザ・ヒットパレード ショウと私を愛した夫』 (鈴木 聡作・山田和也演出)など、同時代の劇作家によるオリジナル作品に多数出演。『なにわバタフライ』『歌わせたい男たち』 で、第5回朝日舞台芸術賞秋元松代賞、第13回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞した。 確かな歌唱と演技、その存在感は各界のクリエイターから評価され、世代を超えて観客からも支持を集めている。