三菱電機|大船でスマートハウスの実証実験

あたらしいTOKYOをめざして

三菱電機|MITSUBISHI

スマートグリッドを実現するあたらしい家のかたち

スマートシティに不可欠なもののひとつに、スマートハウスという概念がある。家庭におけるエネルギーの需要と供給の情報を効率的に管理し最適制御する機能を備えた住宅だ。 三菱電機も早くからスマートハウス事業に取り組む企業のひとつ。5月からは神奈川県鎌倉市大船にスマートハウスを建設、本格的な実証実験を開始している。

Text by OPENERS

大船でスマートハウスの実証実験

三菱電機がおこなうのは、スマートグリッドに対応した HEMS(Home Energy Management System)の実証実験。
HEMSは、最新の太陽光発電システム、エコキュート、ヒートポンプ温水床暖房などの自然エネルギー活用機器や換気システム、LED照明などの省エネ機器を統合的に制御する、スマートグリッドを実現するためのシステムだ。

大船スマートハウスに設置されているのは、太陽光/太陽熱・自然風利用システム、高効率住宅設備/家電機器(給湯機、温水床暖房、LED 照明等)、電気自動車、蓄電池など、最新の自然エネルギー活用機器と高効率住宅設備・家電機器。さらに、従来のインターネット、電話にくわえ、遠隔監視、地域情報など宅外と連携する「ホームゲートウェイ」を設置することで、居住者による評価や要望がサービス事業者につねに伝わり、改善されたアプリケーションを自動ダウンロードするという双方向性の実現を図る。

それらの最新機器やシステムを搭載することで、生活パターンに基づく節電やピークシフト制御、自然エネルギー(太陽光/熱、自然風)を最大限活用したゼロエミッション住宅の実証をおこない、早期の実用化を目指す。

TAG
  • bag_collection_2015
  • j&m-davidson
  • tokyoflagship
  • banner_fortune