FIAT 500 Twin Air|フィアット 500 ツインエア 新エンジンの実燃費や如何に?

FIAT 500 Twin Air|フィアット 500 ツインエア 新エンジンの実燃費や如何に?

ニューモデル試乗

FIAT 500 Twin Air|フィアット 500 ツインエア

新エンジンの実燃費や如何に?(1)

フィアット500のあらたなバリエーション、875cc 2気筒ターボエンジンを搭載したツインエアに乗って東京から名古屋までの日帰り旅行を敢行した。

文=松尾 大

2気筒エンジン、カムバック!

全世界から52の賞をうけ、発売31カ月で50万台の売上を記録した、いまやフィアットの屋台骨を背負って立つ500に、あらたに875cc 2気筒ターボエンジンを搭載する「ツインエア」が日本でも発売された。このニューモデルに与えられたツインエアエンジンは、昨年アルファロメオ MiTOにも採用されたもので、世界最先端のエンジン制御技術「マルチエア」テクノロジーを搭載する。

先日の大震災を受けて自動車業界は大きな打撃を受けたとともに、自動車に乗るユーザーも深刻な事態に見舞われた。燃料不足にともない価格が高騰し、あらためて燃費性能の高さが注目されている。今回、日本市場に登場したフィアット500のツインエアはどんなクルマなのか、そして環境性能や動力性能はいかがなものかと考え、借り出すことにした。

品川・港南口にほど近い、フィアット グループ オートモビルズ ジャパンのガレージに到着するとほどなく、子どものころによく聞いたスズキ セルボに似たパタパタパタパタという音が近づいてくる。あちらはたしか3気筒だったが、この500ツインエアはさらにシリンダーが少ない2気筒エンジンだ。車内に乗り込むと、設えそのものはいつもの500と変わりないが、エンジン音があきらかにちがう。このクラスのクルマに求める必要もないが、決して高級感のあるサウンドではない。

発進させると意外にスムーズに加速する。875ccとはいえターボつきであるから、ターボ係数1.4をかけると1,225ccとなる。ほぼ1トンというボディには過不足ない程度だ。とくにエンジンをまわすことのない街なかでは、エコノミーモードでも十分かもしれない。こちらにすると最高出力で6kW(8ps)、最大トルクで45Nm(4.6kgm)のマイナスとなるが、それでもスタートダッシュなどでストレスを感じるほど遅いというものではない。

さらに、燃費を低減させるために「START & STOPシステム」も装備されている。ほかのアイドリングストップと同様、クルマが完全に停止し、ブレーキペダルを踏んだ状態でエンジンが停止するもの。右左折時や脇道からの合流など途中まで進んで止まり、機会をみてまたすぐに発進しなければいけないシーンでは、シフトレバーを中立位置から+か-に動かすだけでエンジンは再始動する。とはいっても、若干のもたつきがあるので、エンジンの再始動までに擁するタイムラグは考慮に入れて操作する必要があるとおもう。

これらの技術が組み合わされることによって10・15モード燃費はPOPで21.8km/ℓという良好な数値となっている。これは従来型の1.2POPの19.2km/ℓとくらべて約14パーセント、1.4POPの13.8km/ℓとくらべるとじつに58パーセントも向上している。ただ、こういった小排気量車は高速道路を高いアベレージ速度で走りつづけると意外と燃費が悪くなるもの。そこで、品川から名古屋まで片道約360kmの道のりを日帰りで往復することにしてみた。