戸田恵子 連載|「B・G ブランド」からニューアイテムが到着!

戸田恵子 連載|「B・G ブランド」からニューアイテムが到着!

Happy? Half Century

戸田恵子|K-CO×GOコンビが語るクリエイティブへのこだわり

「B・G ブランド」からニューアイテムが到着!(1)

昨年末におこなわれた戸田恵子クリスマスライブへ遊びにいかれた方はすでにご存知かと思うが、K-CO×GOコンビこと、戸田恵子×植木 豪コンビによるデザインプロジェクト「B・G brand(B.Gブランド)」から新作が登場した。前回のリリースでは“シックロック”をテーマに、ロゴだけのシンプルなデザインにさりげなくラインストーンをほどこした大人な表情のTシャツを発表したが、今回は一転してフロントに大きなオリジナルスマイルマークをはいした大胆なデザインを展開。そこに隠されたデザインコンセプトとは? ブランドの歴史を振り返りつつ、本プロジェクトに対する想いを語った。

Text by OPENERS

rumors|通販サイトへ

じつはブランドの3周年なんです

戸田 まず“なにを作るのか”というところからはじまるのですが、今回は私が夏ごろからロングスリーブTシャツと決めていました。理由は単純、私がロンTが好きであること、私のまわりにもロンT好きが多いということです(笑)。

植木 皆さんずっと着てくれているんですよね。

戸田 洗濯を繰り返しても伸びないようボディから作っていますからね。襟ぐりもリブはこのサイズでこの縫いで、と非常に気を使っています。

戸田恵子×植木 豪「BGブランド」 01

前にも一度ロンTは作っているのですが、そのときはシックなものを作ったので、つぎは元気なものを作りたいという想いがあったんです。それを豪に伝えて、あとはお任せしました。

植木 姉さんがスマイル好きだというのは前から知っていて……スマイル公認大使でしたっけ? 認定されているんですよね。

戸田 アメリカにスマイルマークの権利をもっている方がいて、世界各国にスマイル大使みたいなものを認定されているんです。まぁ、署名すれば誰でもなれるのですが(笑)。

植木 それを知っていたので僕のなかにスマイルをモチーフになにかできないかというアイディアがずっとあったんです。そうしたら今回元気のあるデザインをとリクエストされ、いいタイミングかなと。スマイルを中心に、これまでデザインしてきたモチーフを組み合わせました。じつはブランドの3周年なんです。なので歴史を凝縮したような演出ができないかと思い、ブランドアイコンを勢揃いさせてみました。このスマイルなんですけど、口をブランドのテーマでもある“Show must go on”の文字で描くことはもともと考えていたのですが、この眉毛は姉さんに見せるまではなかったんです。レイアウトが完成して、いよいよ最終の打ち合わという段階で眉毛をくわえたらどうなるんだろうと。

戸田 このひとクセのおかげでやんちゃな感じと言いますか、よりB.Gっぽさが表現できていると思うんです。私がこだわったのは箔ですね。このザラついた質感が気に入っていて、高級感を演出できるというか、フラットな箔だけでは出せない雰囲気が出せているのではないかなと思います。いつもならピンクやブルーを使うところですが、今回はメンズにもウィメンズにも対応できる色をということでパープルを選びました。すでに半そででも欲しいといううれしい声をいただいております!

植木 バックスタイルにはブランド名の由来である“Back Gamon”のロゴを入れ、恵子のKと豪のGだけに色をのせています。まぁ、気づいたひとにわかってもらえればいいかなと(笑)。“0207”というのはAから数えたときのBとGのアルファベットの順番と、2007年からスタートしたという意味があります。すごい偶然ですよね、まぁ僕が最初に気づいたんですけど(笑)。

ABOUT
TODA Keiko

愛知県出身、9月12日生まれ。NHK名古屋放送児童劇団に小学5年生から在籍し、『中学生群像』(『中学生日記』の前身) で女優デビュー。1973年に上京し、翌74年「あゆ朱美」の芸名でアイドル演歌歌手としてもデビューする。 その後、タレント活動中に声優・演出家の野沢那智より声をかけられ、77年に野沢主宰の劇団・薔薇座へ入団。本格的な演技を学び 始め、『スイート・チャリティ』『踊れ艦隊のレディたち』など数多くのミュージカルに出演、看板女優として活動する。 主演した『スイート・チャリティ』で芸術祭賞演劇部門賞を、また外部出演したミュージカル『ミュージックマン』で葦原英了賞を受賞。 薔薇座には89年まで在籍し、同年には舞台『渾・身・愛』で第24回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。 79年に『機動戦士ガンダム』のマチルダ・アジャン役で本格的に声優としての活動をスタート。その後、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 (三作目)の鬼太郎、『キャッツ・アイ』の瞳、『きかんしゃトーマス』のトーマス、『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン などの声で人気を集める。洋画の吹き替えも数多く手掛けジュリア・ロバーツ、ジョディ・フォスター、ビビアン・リーなどでよく知られている。 声優としての活躍が続いた後、97年には三谷幸喜脚本によるテレビドラマ『総理と呼ばないで』、同じく三谷幸喜脚本・監督の 映画『ラヂオの時間』に出演するなど、女優業を意欲的に展開。その他『クイール』『NINXNIN忍者ハットリくんTHE MOVIE』 『THE 有頂天ホテル』。『ラヂオの時間』では、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞した。 以降も女優として、NHK朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』『純情きらり』、NHK大河ドラマ『新撰組!』、 CX『ショムニ』『お水の花道』『天才柳沢教授の生活』『HR』などに出演。また舞台でも『温水夫妻』『You Are The Top』 『オケピ!』『なにわバタフライ』(共に三谷幸喜作・演出)、『歌わせたい男たち』(永井 愛作・演出)、 『星屑の町・東京砂漠編』(水谷龍二作・演出)、地球ゴージャス『HUMANITY』、『ザ・ヒットパレード ショウと私を愛した夫』 (鈴木 聡作・山田和也演出)など、同時代の劇作家によるオリジナル作品に多数出演。『なにわバタフライ』『歌わせたい男たち』 で、第5回朝日舞台芸術賞秋元松代賞、第13回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞した。 確かな歌唱と演技、その存在感は各界のクリエイターから評価され、世代を超えて観客からも支持を集めている。