ART FILE 36|『Alexander McQueen: Savage Beauty(野生の美しさ)』|連載「世界のアート展から」

ART FILE 36|『Alexander McQueen: Savage Beauty(野生の美しさ)』

TRAVEL THE ART WORLD

ART FILE 36|イギリス・ロンドン|ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館

鬼才マックイーンの回顧展

『Alexander McQueen: Savage Beauty(野生の美しさ)』(1)

昨年、ニューヨーク・メトロポリタン博物館で開催したファッションデザイナー アレキサンダー・マックイーンの回顧展『Alexander McQueen: Savage Beauty(野生の美しさ)』が現在、ロンドンに回旋中。ヴィクトリア&アルバート博物館で8月2日(日)まで開催されている。

Text by Winsome Li(OPENERS)

デヴィッド・ボウイからレディ・ガガまで、スターたちに愛されたマックイーン

20世紀のファッション界を震撼された、イギリス生まれのファッションデザイナー リー・アレキサンダー・マックイーン。著名なデザイナーを輩出しているセントラル・セント・マーチンズを卒業し、本格的にコレクションデビューした。1996年から5年間ジバンシーのヘッドデザイナーを務めながら、自分の名前を冠するブランドをスタート。デヴィッド・ボウイのツアー衣裳を手がけたほか、ビョークやレディ・ガガなど多くのアーティストが彼のアイコニックなピースを着用していた。さらに、2003年に大英帝国勲章を受賞されるほど、ファッション界に対する貢献が高く評価されている。

Alexander McQueen: Savage Beauty
Alexander McQueen: Savage Beauty

“ショーマン”とも呼ばれるマックイーンが構想するファッションショーは、前衛的な演出を通じてユニークなデザインを発表し、見るひとに強烈な印象を与える。奇想天外なテーマで展開するコレクションは、テーラリング術や職人技、最新のテクノロジーを用いて、ファッションとアートの限界を容赦なく突破しようとしていた。

会場風景とオープニングパーティの様子

マックイーン流の“美”とは