LEXUS IS350 F SPORT|レクサス IS 350 F スポーツ 試乗インプレッション

LEXUS IS350 F SPORT|レクサス IS 350 F スポーツ 試乗インプレッション

CAR

LEXUS IS350 F SPORT|レクサス IS350 F スポーツ

“F”を継承する丹念なスポーツセダン(1)

レクサス IS350に追加されたスポーティバージョン「F SPORT」。オールラインナップ試乗会にて同モデルを試乗したところ、目のさめるような楽しいスポーツセダンだった。

文=小川フミオ写真=郡 大二郎

始動の瞬間にわかる、エンジンのもつパワー

「レクサスIS350 F SPORT」は「(まもなく発表されるスーパースポーツカー)LFAを頂点とする走りのコンセプトを継承」(レクサス)するモデル。318psの3.5リッターV6エンジンに6段オートマチックトランスミッションを組みあわせ、後輪を駆動する。

メカニカルレイアウトは、既存のVersion LおよびVersion Iと共通。ただしサスペンションシステムに手をくわえるとともに、ステアリングなどもスポーティな設定にしたのが特徴だ。外観上は専用のリップスポイラーと専用のアルミホイールを備える。ベースになったIS350より少しスポーティな外観だ。室内は太いステッチで縫い上げられた革巻きハンドルが、少々特別なモデルであることを印象づける。

IS350 F SPORTの魅力は走り出したとたんにわかる。自動車好きなら思わず破顔するほどの楽しさをあたえてくれる。ハンドリングの正確さと、エンジンのパワーをめいっぱい使って走れるのが、IS350 F SPORTの魅力だ。スタンダードモデルに対して3割ほどレートをあげられたスプリング、特別製ダンパー、そして高剛性のブッシュ類が足まわりをしっかり支える。「ステアリングのギア比も足まわりの強化にあわせて最適化した」と開発担当者が言うとおり、ハンドリングはクルマの動きとみごとに一体となっている。

LEXUS IS 350 F Sport|レクサス IS 350 F スポーツ 試乗インプレッション|02

迅速に走り抜ける、欧州車の如きコーナリング

印象的だったのは、423psの5リッターV8を搭載している特別なIS Fよりコーナリングが気持ちいいとさえ思われたことだ。「ハンドルを切ったときのノーズの沈みこみ方でもかなり入念なチューニングをした」というサスペンション開発担当者の言葉どおり、硬いいっぽうでない。欧州車のように軽いロールとともにコーナーをハイスピードで曲がっていけるのは、ほかではなかなか得られないすばらしい感覚だ。

もうひとつ、IS350 F SPORTの走りを支える影の存在が、このモデルのために専用開発されたENKEIの軽合金ホイールだという。専門用語では面外ねじり剛性と呼ばれる剛性の高さを誇る。ホイールのねじれに対する強さがコーナリングのさいに重要になる。後輪の追従性がよくなり、カーブを曲がっていくときの一体感が高まるからだ。

変速機はトルコン式のオートマチックだが、ほんの少しアクセルペダルを踏み込むだけで即座にシフトダウンする。318psの最高出力を6400rpmで、380Nmの最大トルクを4800rpmで発生する設定なので、エンジンを高回転域でつかうとパワーバンドに乗っているかんじで、じつに活発。デュアルクラッチばやりだが、変速のスムーズさとともに、出来のいいトルコン式オートマチックにはメリットも多いのを感じさせる。