THEATER|森山未來企画・出演、太宰治の短編をベースにしたパフォーマンス作品のジャパンプレミア

THEATER|森山未來企画・出演の舞台『Judas,Christ with Soy』を愛媛県の芝居小屋で開催

THEATER TOKYO Tips

THEATER|太宰治の短編をベースにしたパフォーマンス作品のジャパンプレミア

森山未來企画・出演の舞台『Judas,Christ with Soy』

ダンサーであり、俳優としても活躍する森山未來が企画・出演する『Judas,Christ with Soy(ユダ、キリスト ウィズ ソイ)~太宰治「駆込み訴え」より~』のジャパンプレミアが7月11日(土)、12日(日)、愛媛県内子町の芝居小屋「内子座」で開催。森山や競演するアーティストらが滞在制作をおこない、由緒ある芝居小屋で作品が上演される。

Text by YANAKA Tomomi

愛媛県の由緒ある芝居小屋で開催

2013年にダンサーの文化交流使として1年間イスラエルに滞在していた森山未來。彼が2014年にイスラエル人アーティスト、エラ・ホチルド(Ella Rothschild)とともにテルアビブで上演した舞台『Judas,Christ with Soy』が日本でも公演される。

『Judas,Christ with Soy』は、裏切り者として知られるユダを主人公に、イエス・キリストに対してどのような感情をもっていたかを述べる太宰治の短編『駆込み訴え』をベースにしたパフォーマンス作品。今回は、上演する内子町で約1カ月間におよぶレジデンス(滞在制作)をおこない、音楽にはあらたに吉井盛悟を迎えて、作品の再構築がおこなわれたという。

そして会場に選ばれたのは、来年100周年を迎える、約500席の芝居小屋「内子座」。大正期につくられたという歴史ある建物で、彼らの熟成されたパフォーマンスが繰り広げられる。

舞台は7月11日(土)、12日(日)に全3ステージを開催。チケットは5月30日(土)10:00から販売開始される。イスラエルでダンス、感性ともに磨いてきた森山未來とエラ・ホチルド、吉井盛悟がともに内子町であらたにつくりあげた世界観。由緒ある芝居小屋ならではの醍醐味を体感したい。

『Judas,Christ with Soy(ユダ、キリスト ウィズ ソイ)~太宰治「駆込み訴え」より~』
日程│7月11日(土)、12日(日)
会場│内子座
愛媛県喜多郡内子町内子2102
企画│森山未來
演出・美術・振付│エラ・ホチルド
出演│森山未來、エラ・ホチルド、吉井盛悟
チケット料金│S席5000円、A席4500円(全席指定)
チケット一般発売│5月30日(土)10:00~

サンライズプロモーション東京
Tel. 0570-00-3337
http://www.kakekomiuttae.com/