伊藤嶺花 × 清川あさみ|スピリチュアル対談 Vol.10(前編)

伊藤嶺花 × 清川あさみ|スピリチュアル対談 Vol.10(前編)

Divine of Creation - 創造力の背後にあるもの -

スピリチュアル対談 Vol.10|清川あさみ

伊藤嶺花が“視た”ゲストの肖像

「自由自在に光を操り“美”を創りつづける魔女」(前編)

さまざまなステージで活躍するクリエイターをゲストに迎え、スピリチュアル ヒーラーの伊藤嶺花さんが、ひとが発するエネルギーを読み解くリーディングと複数の占星術を組み合わせ、クリエイターの創造力の源を鑑定。現世に直結する過去生や、秘められた可能性を解き明かし、普段は作品の陰に隠れがちでなかなか表に出ることのない、クリエイター“自身”の魅力に迫ります。

文=オウプナーズ写真=鈴木健太

第10回目のゲストは、アーティストの清川あさみさん。衣装やアートワークを手がけた写真集『美女採集』や、『人魚姫』『銀河鉄道の夜』など不朽の名作をモチーフにした絵本では、リアルとファンタジーが混在した独特の世界を表現。前編では、10月に発売となった作品集『ASAMI KIYOKAWA – 5 Stitch Stories』と『銀河鉄道の夜』を手に、ご自身のクリエイションについて語っていただきました。

強いて弱い、黒くて白い、そして深い──女性の魅力を引きだした『美女採集』

伊藤 お仕事、幅広いですよね。

清川 作品集『ASAMI KIYOKAWA – 5 Stitch Stories』が出たので持ってきたんですけど、これを見ていただくとだいたい何をしているか分かっていただけると思います。内容は、過去10年間の作品の一部です。

伊藤 すごーい。肩書きとしてはアーティストになるんですか?

清川 刺繍アーティストだったり、アートディレクターだったり。一番仕事として多いのはアートディレクターと、美術館でのアーティスト活動なんですけど、けっこうバラバラで、場所によって呼ばれ方がちがう(笑)。

伊藤 あさみさんといえば『美女採集』ですよね。

伊藤嶺花|いとうれいか|清川あさみ|アーティスト|スピリチュアル対談 Vol.10(前編)

左:絵本 『銀河鉄道の夜』、右:作品集 『ASAMI KIYOKAWA – 5 Stitch Stories』

清川 『美女採集』は、本当に趣味からはじまったんですよ。もともと女のひとに興味があって。強いし弱いし、黒いし白いし、深いじゃないですか。女のひとのキレイなところも汚いところもふくめて、女性ってなんなんだろうって。

伊藤 女性って、二面性をもっていて、その顔が瞬時に入れかわりますよね。

伊藤嶺花|いとうれいか|清川あさみ|アーティスト|スピリチュアル対談 Vol.10(前編)

清川あさみさん

清川 そう、だからタイプ別に分けると、男のひとよりも複雑な気がするんです。女の子の欲求とか欲望とかってすごいなって思うし。私は、最初はグラビアに興味があって、グラビアのスタイリストもやったことがあるんです。そこから、グラビアでもありアートとしてもおもしろい作品ができないかなって思いはじめて。美女って世界共通だし、美女をズラッと美術館に並ばせたら絶対におもしろいと思って提案を持ち込んだら、受け入れてもらえてスタートしたんですよね。それで、2003年くらいから写真に刺繍する方法で人物を縫うことをはじめていたのが『美女採集』と繋がったんです。

ABOUT
ITO Reika

株式会社ディヴァイン代表/スピリチュアルヒーラー 服飾雑貨系の企業にて商品企画、広告宣伝、経営企画の仕事に従事したのち、天界とのチャネリングと潜在意識のリーディングをおこなうライトワーカーとして活動開始。相談内容によってヒーリングや催眠療法、複数の占星術を組み合わせた宿命鑑定もおこなっている。自由が丘にて個人セッション、満月&新月のワークショップを開催中。著書に『シンクロニシティ』、『運命好転術』、『開運ビジネス風水虎の巻』。www.divine-msg.com