坂本龍一|坂本龍一が語る「schola TV」の楽しみかた

坂本龍一|坂本龍一が語る「schola TV」の楽しみかた

幸せな人生のオンガク

「スコラ 坂本龍一 音楽の学校」 が夏休み特集として集中再放送

坂本龍一が語る 「schola TV」 の楽しみかた(1)

4月からNHK教育テレビにてスタートした「スコラ 坂本龍一 音楽の学校」。6月19日に最終回「Drums & Bass-第4回」の放送を終えたが、多くの再放送のリクエストに応えて、BShiにて再放送が決定した。

8月17日(火)23:30~ バッハ編 第1回~第4回
8月18日(水)23:30~ ジャズ編 第1回~第4回
8月19日(木)23:30~ Drums & Bass編 第1回~第4回

インタビュー・文=吉村栄一Interview photo by JAMANDFIX

毎回、子どもたちと接して音楽の楽しさやおもしろさを伝える

──これまで順調に巻を重ねてきたCD付き音楽全集commmons『schola(スコラ)』ですが、今年の春にはNHKでシリーズ番組として放映されて大きな反響を呼びました。

テレビという大きなメディアに出ることで、スコラの存在やおもしろさをより広く世に伝えていこうと思ってやったのですが、反響がとても大きくて、ちょっとびっくりしています。CD付き書籍というスタイルの『schola(スコラ)』の各巻をつくるだけでも大変なのに、それをあらためてテレビ的に掘り下げていくというのは、本当に難しい作業でした。そしてさらに毎回、子どもたちと接して音楽の楽しさやおもしろさを伝える。観ているひとはとてもおもしろかったと思うんですが、もう、気苦労が多くて多くて……(笑)。評判がよかったのが本当に救いに思えるほど大変でした。

──続編を期待する声も大きいですよね。

ぜひ続編を、という依頼はされています。まあ、commmonsの主宰者としては当然、やるべきだと思うんですよ。「サカモト、つべこべ言わずやりなさい!」と(笑)。しかし、サカモト個人としては、あんなに大変な思いをまたするのか! という葛藤があります。やはり、僕はテレビに向いてないんですよね。独特のプレッシャーを感じる。なんだろうなあ、あの重圧は。

──先日、京都で秋のスコラの特別番組のための公開収録をおこなって、それを拝見しましたが、とても生き生きと楽しそうにやっておられましたが?

あれは、楽しかったですね、なんだろう、ああいうオジサンたち(浅田彰氏、小沼純一氏)とおしゃべりする分には苦にならないんです。やはり子どもとのワークショップが大変。子どもたちにとっても、自分にとっても、視聴者にとってもおもしろいかたちで行うというのが難しい。扱う題材によっては、子どもたちにある程度の音楽的知識がないと通じない場合もあるし、かといって知識がありすぎても新鮮な驚きを感じてもらえない場合もある。だからそもそもどういう子どもたちを対象にしてワークショップをするかという企画の段階からとても悩むんです。というのも、僕がつっぱしっておもしろいことをやろうとするには音楽的知識がある子どもじゃないとついてこられないだろうし、でも音楽的知識があるということは、既成の枠組みのなかにすでにいるということだし、難しい。

坂本龍一|スコラ坂本龍一音楽の学校|NHK|commmons|古典派 02
坂本龍一|スコラ坂本龍一音楽の学校|NHK|commmons|古典派 03

──その苦労の甲斐もあって、出演している子どもたちも楽しそうでしたが、番組を観ているひとの、とくに音楽に詳しい大人たちの反響も大きかったですね。

そう。大人のリアクションもすごくよかったんです。「昔、学校で受けていた音楽の授業がスコラのような内容だったら、もっと音楽が好きになっていたに違いない」とか。こういう声はうれしかった。いまからでも音楽をもっと知って好きになるには遅くないよというメッセージを伝えられたんじゃないかと思うんです。また、子どもをもつ親や学校の先生からも反応がとてもよかったのもうれしい。最後のシリーズでは、ぼくの出身校の世田谷の祖師谷小学校の生徒たちとのワークショップでしたが、ものすごく子どもたちの反応がよかったんですよ。とにかくみんな自分の意見や感想を言いたがる。こちらがたじたじするぐらい積極的で、まとめるのが大変だったんですが、“あれ? いまの子どもはこんなに積極的なんだ、僕のころとは大違いなんだ”とびっくりしました。

2010年5月オンエア 「ジャズ」 © NHK

──どんなところが違いました?

僕が小学生のころなんか、なるべく先生にあてられないように隅っこで小さくなってた(笑)。それがこうも変わったのかと驚いたのですが、じつは聞くところによると学校ではみんなあんなに積極的じゃないらしい。こちらが「みんなの意見を聴きたいよ」という姿勢を見せてあげると、どんどん発言が出てくる。子どもにもみなそれぞれいろいろなアイデアや考えがあって、本当は言いたくてしかたがない。学校でも本当はみんなもっと積極的に意見を言いたいんじゃないかな、ひょっとして教育の現場では積極的に発言できないのかなあ、と思ったりもしましたが、それでも子どもたちがあんなに元気だったのはうれしかった。日本の未来は暗くないぞっていう希望がもてたことは大きかったです。

──未来への希望を灯すためにも、ぜひ続編を!(笑)

でも、寿命が縮まっちゃうしなあ(笑)。

ABOUT
SAKAMOTO Ryuichi

1952年東京生まれ。東京芸術大学大学院修士課程修了。1978年『千のナイフ』でソロデビュー。同年、 細野晴臣、高橋幸宏と『YMO』を結成。散解後も、音楽・映画・出版・広告など、メディアを越えて精力的に活動。 83年、み …